本文へスキップ

毎週通える目と脳のトレーニングジム、イプラスジム福岡&目の学校

電話でのお問い合わせはTEL.092-524-6855

〒810-0033 福岡市中央区小笹1-7-25 2F

目って大事ですよ!!entrance

視力ではなく、視覚

3つのトレーニングのひとつ、『ビジョントレーニング』は、『目』のトレーニングです。
ですが目と言っても、「視力」ではなく「視覚」の部分をトレーニングしていくのがビジョントレーニングです。

視力=ハッキリ見る仕事
視覚=正しく見る仕事

視覚は、「目だけで見ている」のではなく、「目と体と脳で見ている」のが視覚です。

”ビジョン“とは、単に「見る」だけでなく「見て理解する」ことまで含めた言葉です。
ビジョントレーニングでは、視覚の要素〜「目の動き」、「両目のチームワーク」、「ピント合わせ」、「平衡感覚」、「瞬間視」、「目と手の協調性」、「周辺視野」、「イメージ力」、「空間認識」等々…総合的な視覚機能を高め、入ってきた情報を正しく認識し、脳や各器官に伝えて処理する力を育てていきます。


主なビジョントレーニング内容

シンガン →  
  体の反応スピードや思考判断力を高めるトレーニングができるタッチパネル機材で
  周辺視野の拡大や目と手の協調性向上もはかれます。



 ←ビズフレックス
                  「両目のチームワーク」「焦点の調節」などを目的に行い
                  視覚能力を高める本格的なビジョントレーニングマシーンです。



ペンシルサッカード→ 
  台の上でバランスをとりながら、目をコントロールする眼球運動のトレーニングです。
  同時に計算問題など、全く無関係なものをこなすことで脳と身体の処理能力も高めます。





その他にもビジョントレーニングだけでも様々な種類があります。


黒目を動かしていますか?

目の運動の目的のひとつが、眼球を支えている「筋肉を動かすこと」です。
眼球を支えている筋肉が衰えてしまうと、「集中力」「記憶力」「処理能力」の低下に関わります。
この筋肉は、他の体の部位の筋肉と同じで、鍛えておくと衰えることを防げます。
その鍛え方が「黒目を動かすこと」です。
目の運動を行い「黒目を動かす」ことで、眼球を支えている筋肉が活性化され
能力の低下も防ぐことができます。
黒目を日常、どれだけ動かしていますか?







information

イプラスジム福岡&目の学校

〒810-0033
福岡市中央区小笹1-7-25 2F
TEL.092-524-6855
FAX.092-524-6856